大きな樹の下で …はすのみ日記…

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
楽しい週末
3日、パンを持って豊田駅前のお祭りに行ってきました。
久しぶりに行った豊田の中心地、なんだか良かったです~街中なんだけれど、のどかな雰囲気もあったりして。
とっても好きだった豊田市美術館の横を通って「わぁ~懐かし~よく行ってたな~」
トヨタ自動車の工場の見て「でか!」「あそこ歩いてる人、トヨタの人かなぁ」
子供たちとワイワイ言いながらのドライブになりました。

豊田駅前祭り2














お店番を子供たちがしてくれました。
照れながら小さな声で「いらっしゃいませ~」
そういえば、リエパンが売れてゆくのを見るのは初めてだったかも。
小原の今朝産みたて卵、鹿肉の串焼き、特製手作りダレ2種の五平餅の販売も。
他のブースでは鋳造でアクセサリー作りや、エコバッチ作り、ゲームコーナーもありました。
子供たち、とっても楽しかったようです。
参加してよかった~
パンも完売です!ありがとうございました!


4日は小原へ脱穀に行きました。
稲刈り・はざ掛けをしてから約2週間。稲が枯れ枯れになっています。
それを脱穀機にかけて、もみ付きの米になります。
あとは籾摺りという作業をすれば、玄米です!

今回は、農業好きの長男は防塵マスクとゴーグルで作業しました。
アレルギー君には脱穀は一番辛いんじゃないかな~
粉になったものがすごく舞い散りますから。
でも、マスクとゴーグルのお陰で大丈夫でした。

お昼は炭火で焼いたサンマ!と具沢山の豚汁!でした。
秋ってほんと美味しい季節ですよね~~
自給村の脱穀作業とキッズ田んぼの稲刈りもして、充実~な一日になりました。
そして、またまた帰りには元気になっていました!


小原に行くと「安心」があります。絶対大丈夫、という安心。
私は子供の頃からずっとこころの奥に不安がいました。漠然とした不安です。
大きくなるにつれて、不安も大きくなっていきます。
何をしていてもどこか揺れていて。何かを掴んでも指の間からするする落ちていくような気がして。
安心できる基準が持てなかったのかもしれません。

小原に行くと、農作業していると、「0(ゼロ)」に戻れる。
こころの揺れ幅が小さくなる。
しっかりどっしりグラウディングされてゆくんです。
一日の作業で疲れているはずなのに、気づけば元気になっている。
中庸になっている、というのかも。
「笑顔と平和」のように、私の基準なのかもしれないな。。。。。



Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんは
私も漠然とした「不安」があるからリエサンの気持ちが少しわかるかも・・・
自分の居場所を探してみるんだけれども、見つからないんだよね~ 家の中でもそうかも
しれない 実家に行ってもそうだなぁ お兄ちゃんのお嫁さんに「いらっしゃい」と言われたりすると、ちょっと違和感を覚えたりして・・・
私もどこかに安心できる場所が見つかるといいなぁ(*´Д`)
2009/10/10(土) 23:40:14 | URL | りりないふ #-[ 編集]
りりないふさん

やほやほ~
私もね、昔から「自分の居場所」探していたんだ。
でも何処にもなくて、途方に暮れて、でもまた探して…いつか見つかるんだって思っていたよ。
でもね~居場所は「何処かにある」ものではなかった。かも。
こころ次第。かなぁ…

小原はね、安心できる場所じゃないんだ~。
「生きてて大丈夫」って思える場所なの。
あの場所の存在自体が「安心」をくれるというのか…

とか言いながら、定期的に不安に包まれてしまう私なのでした(笑)

最近挑戦しているのだけどね、「違和感」の本質を見つめてみると、答えの鍵があったりするのかも…
2009/10/12(月) 23:04:26 | URL | リエサン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。