大きな樹の下で …はすのみ日記…

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
パンとパンを焼く人
ぱおんさんからパンを送っていただきました。
HPを読んでいたらどうしても食べたくなって。。。
ところが・・・届いて、嬉しくて、ずいぶん食べた頃に「あっ!写真撮ってなかった!!」
そんな訳でパンと一緒に入れてくださったポストカードを・・・(ごめんなさい!)
さとみさんのパン














子供たちとわくわくしながら開けました。
シナモンレーズンのベーグル、コーヒーチョコマフィン、とうもろこしパン、いちじく&くるみのパン、それからココナッツクッキー。
ぱおんさんのパンはどれもとてもやさしいくて可愛いです。
とても丁寧にこころを込めて作られたのだな~というのを感じます。
ダンナさんは「女性的なパン」と言いました。私もそう感じます。
実はぱおんさんにはあるイベントで偶然に(いえいえ必然でした)お会いしています。その後も何度か。
私の思うぱおんさんのお人柄はそのままパンに表れています。


私の持論、「料理はその人を映す」はパンにも言えることのよう。
私の焼くパンは・・・自分のパンについて考えたことがなかったなぁ・・・
以前ダンナさんから「焼き物のよう」と言われましたが。
パン2














どちらかというと男性的?かな。かわいらしさはあまりないかも。初めての人にはちょっと食べにくい?かな。。。
私のパンの教科書は「ルヴァンの天然酵母パン」です。ワイルドで素朴でかっこいいパン。
一昨年の夏に信州のルヴァン上田店に行きました。素敵でしたよ~~~
つい最近買ったパンの本は「Zopf が焼くライ麦パン」です。これも男性的なワイルドな顔のパンばかり。
これは何を意味するのだろう・・・・・(笑)

過去にドイツで男性のパン職人だったよう。石窯に沢山の丸いパンを入れて焼く、太って禿げているおじさんだったようです。そういうことか~

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。