大きな樹の下で …はすのみ日記…

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
感謝。
東北関東大震災の被災者の方々、こころよりお見舞い申し上げます。



地震から1週間、次々と伝えられる報道を見る度にこころが締め付けられ気持ちがぐらぐらになっていました。
「今の私にできることは・・・??」
ダンナさんの実家が福島なので、地震直後は連絡が取れず戸惑うばかりでした。
またあちらこちらから入ってくる沢山の情報にも戸惑い、何が本当なのか分からず、参っていました。
日本全体が動揺しているのを感じます。
そんな中でも一生懸命に頑張っている人達がたくさんいて、それなのにいったい私は何をしているんだろう?と落ち込みました。
また、テレビの中の映像と窓の外の景色のギャップにも混乱してしまいました。

それでも日常は流れてゆきます。
そんな時、いつもとちょっと違う頭痛がありました。
おでこの辺りの前面がジンジンします。
疲れが溜まっているのかな~と思いながら眠りました。
翌朝、起き上がるとますます酷くなっていてガンガンします。運転も危ないくらい。
その日、たまたま店に来てくれた友人が私の頭の辺りをじ~っと見て「責めてるんだよ」と。
何も出来ない自分を責めてるんだと。気づいていませんでした。
「そういう気持ちが出てきたら流す流す。そして被災地に向けて温かい光を送らないと。」と言われました。

そうだった。そんなところでモヤモヤ甘えている場合じゃなかった。
みんなで暗い気持ちになっていたら悪い状態を引き寄せてしまうもの。
すべては繋がっていて、支え合ってて。そうやって世界はできてる。
感謝をして、一生懸命目の前のできることをやらなくちゃ。


友人からもらったメールを転載します。

原発に感謝の気持ちを

私は原発に対して今まで否定的な気持ちばかりでした。
あんな恐ろしい物をつくるから、こんな事になるんだと…
でも越智先生からのメルマガを読んで気持ちが変わりました。
原発が泣いている怯えているように感じました。
私達人間が作った、いわば子供のようなものなのに、悪い事恐ろしい事をするからといって否定してもいいのかと、そんな事を我が子にできるのかと。
今まで私達のために電気を作り続けてきてくれた原発に感謝を送ろうと思います。

以下、越智啓子さんのメルマガより転載

今回の地震と津波の被災者の方に心よりお見舞い申し上げます。
私たちも愛とパワーを送ります。
福島原発がとても寂しがっていますので、皆で一緒に愛と感謝をたくさん、花束のイメージとともに贈りましょう!
プルトニウムにも意識があります。
今まで無償の愛で私たちの快適な生活のためにエネルギーを電力に供給してくれました。
「今まで本当にありがとう!深く感謝しています」と抱きしめるイメージで愛と感謝と花束を贈りたいと思います。
イメージなので、ハグをしても大丈夫です。
被爆しません。
むしろパワーをもらいます。
熱を受け取るイメージでクールダウンの応援をしましょう!
必ず落ち着いてきますので、今日は原子力発電所の原子炉さんに愛の祈りをしましょう!
今日もみんなで一緒に愛の祈りをしましょう!
必ず、日本は蘇ります。
地球は大丈夫です!!



今日、子供たちと郵便局に行って募金をしました。
子供たちもそれぞれおこずかいから出すと言い、みんなで合わせて振込みをしました。
ハチドリの一滴を思い出しました。
「ただ自分のできることをしているだけ」


時間はかかっても、日本は絶対蘇ると信じて。。。


Comment
≪この記事へのコメント≫
今、日本はいろんな意味で暗く冷えきってます。

先ずは自分が、家族が明るくしなきゃ
それが周りに伝わり
そして次第に日本が明るくなることを願って。

我々が出来る事は小さいですが
数が集まれば大きな力になります。

私も少ないですが義援金に協力しました。
名古屋の繁華街を歩くとたくさんの
義援金募金協力をと声をかけてるのを見ますが、胸が熱くなります。

早く復旧して欲しいと願います。

2011/03/21(月) 10:23:50 | URL | みのちゃん #1wIl0x2Y[ 編集]
みのちゃんさん♪
本当に。

こんな今だからこそ協力をして乗り越えなくては、そう思います。

今、世界中が日本人を賞賛していますね。
そんな言葉を聞くたびに、じわ~とします。
昔から日本人のこころの奥にある大切なモノを発揮する時なのかもしれません。

2011/03/26(土) 18:22:23 | URL | リエサン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。