大きな樹の下で …はすのみ日記…

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ガイヤシンフォニー
先週の土曜日、いっくんと「地球交響曲 第7番」を観に行きました。
今回もとてもとてもよかった。


かつて人が、花や樹や鳥たちと
本当に話ができた時代がありました。

その頃、人は、自分たちの命が
宇宙の大きな命の一部分であることを誰もが知っていました。

太陽を敬い月を崇め風に問ね火に祈り水に癒され
土と共に笑うことが本当にいきいきとできたのです。

ところが最近の科学技術のめまぐるしい進歩と共に
人は、いつの間にか「自分が地球の主人であり、自然は
自分たちのために利用するもの」と考えるようになってきました。

その頃から人は花や樹や鳥たちと話す言葉を
急速に忘れ始めたのです。

人はこのまま自然と語り合う言葉を
永遠に忘れてしまうのでしょうか。

それとも科学の進歩と調和しながら
もう一度、その言葉を思い出すことができるのでしょうか。

(地球交響曲ガイドより)


オムニバスのドキュメンタリー映画です。
普通の映画とは違い、自主上映会でしか観ることができません。
美しい映像と音楽と、静かに響いてくる言葉たち。

私が観たのは第6番と第7番だけです。
機会があれば他の作品も観たいと思っています。

帰り道々、息子と映画の話をしながら。。。
不思議と印象や感想が同じ。
いつも私の「行きたい」「観たい」「聞きたい」に付き合ってくれるいっくん。
ありがとうね♪



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。