大きな樹の下で …はすのみ日記…

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
生活学校
三重県の伊賀へ行きました。
いっくんが二泊三日の愛農高校「生活学校」に参加する為です。
小学生の頃からずっと待ってました。
中学1~3年生対象なのです。

P7295232_convert_20120730221214.jpg














想像通り、いえいえ想像以上のいい場所でした。
自然があり、当たり前の自然の営みがあり、力の抜けた自然体のいい空気が流れていて。
大好きな懐かしい空気。
大きな懐に包まれているような。
敷地内ですれ違う高校生はみんな「こんにちは!」と気持ちのいい挨拶をしてくれました。
広い広い敷地に牛舎、豚舎、鶏舎、野菜畑、果樹・・・
昼間は、にいにい蝉、夕方にはひぐらしの声が響くそうです。

ここには大切なものがすべてあるような気がしました。

P7295240_convert_20120730221035.jpg














校長先生のお話はとても良かった。先生もまた自然体で、本音をお話してくださいました。
きれいごとでない本気の本音で人と人が向き合う大切さ。
人は人生を豊かなものにする為に学ぶ。その為に旅するのだ、と。
また、隣人を思うこころを育てる。
優しく、厳しく、温かく、成長を助け見守り・・・
けして裏切らない動物たちの存在もそれを助けているのだそうです。

P7295233_convert_20120730221147.jpg



















お話の間、小学生向けにクイズラリーを用意してくださっていました。
緊張気味だったもりくんもふーちゃんもこれですっかり打ち解けたようで、おやつも貰ってホクホク顔でした。

校舎で保護者に向けての校長先生のお話が終わり、ログハウスへ移動して、在校生の保護者の方からお話を聞く会がありました。
お茶と手作りのおやつをいただきながら、これまたいいお話。
ジワッとくる話もあったりして。
鼻をすすりながら窓の外に目をやると、あ!キツツキ!木にとまってコンコンコン・・・
こしょこしょ話で「もりくん、キツツキがいるよ!」と言うとふーちゃんのところへ飛んで行きました。

なんと豊かな場所。
いわゆる学校とはまるで違います。
今の時代に失われてしまった大切なモノを取り戻す場所なのかもしれません。

羨ましいです。。。

さてさていっくん、どんな顔して帰ってくるでしょう?
帰りは近鉄に乗って帰ってきます。
普段は超マイペースで、しかも朝がダメで(中学生になってから特に)、男子の集団にいたことがあまりなく・・・
樹の想像を(いい意味で)裏切っているんじゃないかな~
ほんの少しでも何かを感じて、掴んできてくれるといいな~


スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。