大きな樹の下で …はすのみ日記…

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
よぼよぼ その2
ある夜、もりくんが
「今日学校で筆箱開けたらえんぴつが一本しか入ってなかった~」
と言いました。
普段もりくんは小学校にえんぴつを6本持っていってます。
5本はナチュラルな白木のえんぴつに戦隊もののキャップをつけて。
1本は運動会の日、学校でもらった黒いやつ。キャップはなし。

・・・・・ええ?!
ないってそんな訳ないよ!
だって今朝私が5本のキャップ外して削ったもの。
ねぇふーちゃん、朝ふーちゃんに鉛筆削り取って~って言ったよね?

うん。

そうです。
前夜、時間割りやり忘れて寝てしまったので、朝バタバタとやって、えんぴつは私が・・・
おかしいな~
でも、よりによって今日は学校に筆箱忘れてきたと。忘れてくるのは初めてです。
確認もできない。

仕方ない。先生にお知らせしよう。ないなんておかしいもの。
翌朝、連絡帳に書きました。
状況を分かりやすく書いていたらほぼ1ページになってしまいました。

でもとりあえず今日の分をどうにかしないと。
ふーちゃん使わない筆箱ある?えんぴつは・・・4本あれば足りるかな~
消しゴムはこれで~
一応名前を書かないとね。
油性ペン油性ペン・・・
かばんから毎日持ち歩いてる私の赤い筆箱を取り出して・・・

ん?んんっっ!?
わははははは~!!!
私の筆箱に入ってる~!!なんでだろ~
5本ともちゃんとキャップ付きで!
朝「早く準備しなさいよ~」とか言ったりしながら削って、自分のとこに入れてたってこと?

もう笑いが止まらない。

もりくん「なんでや」と。
またかよ~の感じ。

いっくんはささっと消しゴムを出して連絡帳を消し消し。

ごめんなさい。。。
みんなありがとう。。。
今回も誰も叱らないのね。

しまいに寿豆さんから「また伝説を作ったな・・・」と一言。
そのうち豆腐の角に頭を打って死ぬんじゃないかしら・・・



スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。