大きな樹の下で …はすのみ日記…

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
カレー!
来月の上映会のチラシができました!
「聖者たちの食卓」
映画とカレーのセットです。
マルシェも同時開催!
私はかき氷とコーヒーの店”はすのえん”やります!











































スポンサーサイト
うわぁ~~~!
今日は子ども達と行きました♪
「喫茶 コエタロ」
カウンターの中では髭のおじさんが渋い顔で1杯づつ丁寧にコーヒーを淹れてくれます。
IMG_0821_convert_20140718211715.jpg














っとゆーのはうそ♪
ハンドドリップで美味しいコーヒーを淹れてくれるのは髭のおじさんではなく、アサチャン。素敵な女性です。
看板メニューのビーフシチューもめっちゃ美味しい!
この日は満席でした!すごい!


帰り際、ん?んん?これって!
「ひなぎく」~~!
またシネマテークでやるんだ!うわぁお!
IMG_0825_convert_20140718211737.jpg


















20年くらい前、シネマテークでチェコ映画祭があった時に何本か観て、すごくよくてビデオ買ったの!
むちゃくちゃで可愛くてお洒落で、どこか物悲しさを感じるような、不思議な作品。
IMG_0828_convert_20140718211803.jpg


















↑そしてコエタロの広告入ってる!

IMG_0838_convert_20140718212728.jpg


















これこれ!
この画がいいの!
ん?この感じ・・・最近どこかで見ませんでした?


感謝
無事「カンタ!ティモール」上映会が終わりました。
来ていただいた方、本当にありがとうございました。
観たかったけど来られなかった方、是非どこかの上映会で観てくださいね。
縁のある場所で縁のある人達と出会えると思います。
いろんな事がちょうどよく終わりました。
この「カンタ!ティモール」の上映会は不思議と丁度よく終わるそうです。
必要な人が必要なだけ繋がるんです。
P1003362_convert_20130926152059.jpg



















今回の上映会、本当に沢山の助けが入りました。
そして不思議なことにいろんな事が初めから決まっていたかのようにトントンと運びました。
この上映会が初めての企画、とは思えないほど。
もちろん全員の努力と沢山の助けがなければ成しえなかったのだと思います。
終始温かくて優しくて楽しい空気に包まれていました。
学ぶ事もいっぱいありました。きっとみんな1段上がっているよね?

P1003360_convert_20130926152127.jpg














私は「カンタ!ティモール」を観るのは今回で2回目。
1度目とは全然違いました。
1度目の時はとにかく衝撃的で、事実を受け止めるのに必死で、ティモールの人達の大きさと強さに圧倒され、ショックと感動の入り混じった感情に覆われました。
けれども今回は、上映会の企画をする間にも奈津子さんとお話をする機会があったり、メンバーで話して共有することが沢山あり、上映中はずっと泣きつつも沢山沢山の気づきをもらえました。
この作品は何度も観た方がいいのかもしれない。そして、気持ちや考えを共有できる場が会った方がいいのかもしれない。

2回ともこころに残ったのは道端で出会ったおじいさんの言葉。
「人類はひとつの兄弟なのさ 父もひとり、母もひとり 大地の子ども
 憎んじゃだめさ、叩いちゃだめ 戦争は過ちだ、大地が怒るよ」
何人かの子どもを連れて、とてもいい笑顔のおじいさん。奈津子さんに聞くと、車で移動中にすれ違ったのだけど何か気になって戻ってもらってインダビューをしたそう。本当にたまたま道端にいたおじいさん。
24年間に家族や友人を沢山殺された。悲しいけれど怒っていない。もういいんだ、独立したんだから、と。
怒りは神様がすること。自分達は弔いをするだけ。

東ティモールの人達の考え方はすごい。
自分と他者との境界線がほとんど存在しないとか。だからみんなで子どもを育てるし、大人はみんな「お父さん」か「お母さん」で年上はみんな「兄」か「姉」。あれだけのことがあったのにストリートチルドレンは一人もいないとか。
それは暮らし方と脳に関係しているとも。
文明が発達して物に溢れ大地へ感謝することを忘れ日々刺激の中で暮らしていると、境界線がはっきりとしてきて・・・そして奪い合いが始まるのかもしれない・・・・・
波長の短いものは左脳へ刺激を送り続けるそう。パソコン、蛍光灯、文字・・・
波長の長いものは夕日、朝日、歌、音楽、瞑想・・・
なるほど~波長の長いもの、心地いいものばかりだ。
そしてハイテクなものがなんとなく苦手だったのはそういう訳か~(と、自分を肯定したりして。)

午後の部の監督さんのトークと小向サダムさんのライブ、すごくよかった。
帰りのお客さんの顔を見ていて「映画とトークとライブ」これでセットなんだ!と思いました。
午前の部を観られた方、ごめんなさいね。私も1度目の時を思い出します・・・
ライブの最後にみんなで輪になってテベ(輪の舞)をやりました。
すごく楽しかった~~~!
テベ動画→ *
P9218318_convert_20130926151418.jpg














午前の部は監督トークはありませんでしたが、上映後監督の奈津子さんが特別に出てくださり、アレックスからの伝言を伝えてくれました。アレックスは映画の中でいつも子ども達に囲まれて歌っていた人です。

「津波、原発事故の日本をとても心配していて、毎日祈っているよと言ってくれました。
日本の人達は大きな試練を乗り越えようとしているだろうから伝えて欲しいとこの伝言を預かってきました。

自分たちの仲間が10人にしか見えなくて、対するものが大きくて巨大で千人に見えても、もしそれが本当に命に沿った仕事、命が喜ぶ仕事であれば、大丈夫だから。亡くなった人の魂がついていてくれるから。それは千どころじゃない。絶対に大丈夫だから恐れないで下さい。仕事の途中で命を落とすことがあるかもしれないけれど、それでも大丈夫だから恐れないで下さい。
もしどうしても仲間が10人にしか見えなくなったら、僕達のことを思い出して欲しい。僕たちは小さく、あの巨大な軍を撤退させることが出来たら奇跡だと笑われた戦いでした。でも最後には軍は撤退しました。
それは夢でも幻想でもなくて現実に起きたことです。見えない力が僕達を支えてくれました。どうか信じて続けてください。」



沢山の人達と繋がれたことに感謝!!!
P9088308_convert_20130926152208.jpg
















写真:寿豆
動画:いっくん


とーとー本番!
カンタ!ティモール」上映会、とーとー明日になりました!
早いな~
5月に「やろーやろー!」と集まった4人。
ミーティングという名のお茶、打ち合わせという名のランチを何度したことか(笑)
ある時は子ども連れで監督さんのお宅へ集まったり。
チラシの校正の頃は毎日のように何処かでちょこっとの時間を作っては会って。
できあがったチラシを置かせてもらいにあちらへこちらへ。
忙しい主婦たちなので、夜な夜なメールで打ち合わせしたり。
そりゃもう付き合いだしたばかりの恋人同士のように(笑)
会ってミーティングも脱線ばかり。
冗談言ったり、子育ての悩み話したり、趣味の話に盛り上がり過ぎたり。
楽しかったな~~
こんなに楽しませてもらえたカンタに感謝しなくちゃ。

そんなカンタもとーとー本番。
ご縁のあった方達とお会いできるのが楽しみです。
もし興味があって、でも明日の上映会には行けないわ・・・っていう方は、あちこちで上映会あるので是非観てください。
本当にとてもいい映画です。
全国のいろんな場所、カフェやギャラリーやホールや・・・その時その時一期一会の上映会。

明日の上映会では・・・
いろんな関連グッズの販売もあります。
フェアトレードの東ティモールコーヒー豆、その豆を使ったクッキー、CD、Tシャツ、書籍など。
どれもほんとに丁寧に大切にできたものばかり。

さてさてどんな1日になるのでしょう。
どうであってもやってよかったと思うに違いないな~


カンタ!ティモール
9月始まっちゃいましたね。
あっという間だったような、すごく長かったような、濃い濃い夏休み終わりました。
いっぱいいっぱい書きたいことあったんですが・・・毎日が濃くて・・・
またぼちぼち書いていこう。

とりあえず最近の出来事。
人生で初骨折!初ギブス!
しかも雨降りに道端で転んで・・・(汗)
P1003238_convert_20130909102923.jpg














「ギブスとうめ」


映画上映会のお知らせ。
春に発足し、準備してきた上映会です。
映画館では上映されない作品です。


カンタ!ティモール上映会 &監督トーク・ミニライブ>

東ティモール独立にまつわるドキュメンタリー映画。
子どもたちのはじけるような笑顔と、美しい自然、優しい音楽で始まる作品は、25年間のも間恐ろしい殺戮が行われ、人口の3分の1の命を奪われたにもかかわらず、「悲しい。でもそれは怒りじゃない。」と許す選択をした人々のドキュメンタリー。
日本が深く関わりながら、ほどんど報道されることのなかった東ティモールの戦い。
戦火の中、命をわけるように助け合い、敵の兵士すら手当てをして自分達の想いを繰り返し伝え、帰した。
自然を敬い、大地に感謝し、輪になって踊る人々。
本当に大切なこととは何か?これからの生き方、こころの在りよう、沢山のことを気づかされます。
第2部では監督のトークと助監督でもある小向サダムさんのミニライブも。
映画だけでは分からなかったお話も聞けます。気づきが深くなります。お時間許せば是非2部の方へ!


9月21日(土) 文化フォーラム春日井・視聴覚ホール(1F)
 愛知県春日井市鳥居松町5-44(春日井市役所北側)

○第1部(上映会のみ) 10:00~11:50
  前売1000円/当日1300円
  託児あり(定員10名) ←託児は定員になりました。

○第2部(上映会&監督トーク・ミニライブ) 13:00~16:00
  前売1500円/当日1800円
  託児なし

*各回とも中学生未満入場不可です。

チケットのお申し込み・お問い合わせ
 トコトコ虹の会 hasunomi11@aol.com
          090-4856-5327(ながなわ)
          090-1746-8928(さいとう)

映画の内容・詳しくはコチラ
http://www.canta-timor.com/

■春日井で初めての100人以上の規模の上映会。第二部では監督のトークとミニライブもあります!
■小さなお子様のいらっしゃる方へ。上映会および監督トークは、中学生未満の方の入場をお断りしています。また、同施設一階にはキッズスペース、三階にキッズエリアのある図書館がございます。上映中はそちらの施設をご利用下さい(いずれも必ず保護者同伴でお願いします)。



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。